official-blog

夏場のレンタルコンテナの内部温度はどのくらいになるのか?

IMG_0283_R

 

「夏場になるとコンテナ内部の温度はどのくらいになりますか?」

 

暑くなる時期になると、お問合せを多くいただきます。

 

レンタルコンテナは、屋外に設置されるので、気候の変化を受けやすくなっています。コンテナタイプは天井部分に断熱材が入っており、室内には換気口が設置されています。

 

メーカーの見解によると、「夏場など、暑い時期のコンテナ内部の温度は、外気温よりプラス5~6度高くなる」としています。

 

夏場の晴れた日に荷物の出し入れをする際は、シャッターやドアを全開にして空気の入れ替えをしていただくと、コンテナ内部の環境が良くなります。

 

お客様によっては、ホームセンター等で売っている、押し入れ等に入れる除湿剤をコンテナに入れている方もいらっしゃいます。

 

※室内に換気口がないタイプもあります。

 

※コンテナを設置する場所、コンテナの位置(1階・2階など)により、コンテナの内部温度は変化しますので、目安としてお考えいただければと思います。

最新記事