official-blog

喜沢アウトレット店のバイク用コンテナご紹介

■バイク収納を目的に設計されたタイプ
 
屋内のバイク収納には、コンテナタイプとボックスタイプがあります。双方ともに、バイク収納を目的に設計されたタイプです。
 
DSC02435_R
 
こちらはコンテナタイプ。
 
_DSC02115_R
 
こちらはボックスタイプ。
 
今回は、コンテナタイプをご紹介致します。
 
※今回ご紹介するバイクコンテナは、喜沢アウトレット店に設置してあるタイプです。店舗によってはバイクコンテナの形状が異なる場合があります。
 
DSC02447_R
 
バイクが収納しやすいように、入口にスロープが設けられています。
 
DSC02441_R
 
スロープを格納した状態。スロープはシャッターの内側に設置されています。
 
※一部、スロープがシャッターの外側に設置されているタイプもあります。
 
DSC02439_R
 
シャッター下部にカギを取り付けることができます。
 
DSC02466_R
 
通常のコンテナは床がベニアなのですが、バイク用コンテナは鉄製の床になっています。
 
DSC02454_R
 
バイクコンテナの床面は、滑り止めの加工が施されています。
 
DSC02461_R
 
壁面にハンガー掛けがあります。
 
※一部、ハンガー掛けがないタイプもあります。
 
DSC02464_R
 
また、奥側の上部に棚が設置してありますので、バイク用品を置くこともできます。
 
※一部、棚がないタイプもあります。
 
DSC02443_R
 
スロープにはカギを設置する箇所があり、複数のカギを取り付けることで、盗難防止にもつながります。
 
<ご注意>店舗によって、バイクコンテナのサイズ・仕様が異なります。
 

最新記事